一緒に購入されている商品

[外山刃物] 万能剪定鋏/190mm

040-0001

4,428円(税込)

在庫状況 sold out

[サイズ]
全長19cm

[重量]
166g

[素材]
鋼(S58C)

[外山刃物について]
外山刃物の創業は、江戸時代の文久年間にさかのぼり、越後木鋏の宗家として、初代龍松氏(銘:龍松)、二代目富次郎氏(銘:珍龍)、三代目秀吉氏(銘:龍山)、四代目秀久氏(銘:秀久)が、金物の街三条で代々受け継がれてきた植木鋏メーカーです。
新しい技術も取り入れ、プロの園芸家に信頼される鋏メーカーの一つとして、「宗家秀久作」の刻印の鋏は愛用されています。

鋼を鍛える火造り鍛造
火造りは、いわゆる鍛造のことです。鍛造は文字通り「鍛えて造る」ことです。「鉄は熱いうちに打て」の諺のように、鋼(はがね)は高温に熱して叩くことにより強靭さを増すと同時に、目的の形となり後工程が容易になります。

切れ味が決まる裏研ぎ
「鋏は裏で切る」「鋏は裏が命」といわれます。とかく鋏の表側に目が行きがちですが、実は裏刃こそが鋏の心臓部分で、その良し悪しで鋏の切れ味が大きく変わります。1本1本手作業で行われる裏砥ぎは、まさに伝統に培われた職人芸の世界といえます。

鋏の調子を整える合い刃どり
鋏づくりの最終段階の工程で、熟練の職人が五感を働かせて1丁1丁の鋏の調子を整え、切れ味を最良の状態に仕上げます。

アフターケアメンテナンス
外山刃物では最良の状態で末長くご愛用していただけるように、刃の研ぎ直しや修理などに万全を期しています。「秀久」印は2回まで無料になっています。(往復送料は自己負担となります。)詳しくは商品に同梱の用紙でご確認ください。

[コメント]
「万能剪定鋏」の文字通り、剪定と芽切りの両方を兼ね備えています。この1本があれば、たいていの事が出来てしまいます。多くの園芸家にも愛用されている園芸鋏です。

[配送]
×:メール便不可
配送についてはこちらをお読み下さい。

一緒に購入されている商品